狭小住宅ならではの建て方

我が家はいわゆる狭小住宅と言われる一戸建てです。わからない方のために説明すると、狭小住宅とは通常より狭い土地に建てた住宅のことを指します。
こういった狭小住宅は使えるスペースが限られているため、通常とはまったく異なるデザインで計画を進めていかなくてはいけませんでした。その点でたいへん苦労したと思います。
たとえば自家用車を停めるスペースを確保するために、一階のほとんどを駐車場にしました。他にも各階の廊下をなくしたり階段を室内に取り付けたりといった風に、省略できる部分は徹底的に取り除きながら建てていったわけです。
その上で壁面や階段下などのデッドスペースも考えつく限り物置として活用し、家具を置かなくてすむような収納スタイルにしました。そういった工夫のおかげで、狭いながらも快適な居住空間が確保できました。
ただしあまりにも効率化しすぎたため、居住者のプライバシーが少々犠牲になってしまったことは反省しています。その部分については、今後とも家族で話し合っていかなくてないけないことになるでしょうが、それを除けばおおむね満足できる住宅になりました。