開放感のある家づくりがしたい

注文住宅の家づくりで開放感を全面に出すような設計をしたいと思う場合に、どんなことができるでしょうか、それはできるだけ壁をなくすことです。家の中の空間を広くすることや間口を広く取るように工夫することができるかもしれません。太陽の光を取り込むことができるようにしたり、自然の風が入るようにすることもできます。壁が少ないことで、リビングがとても広いし、風通しが良くなることで、家族とのコミュニケーションという風通しも良くなるに違いありません。

北欧住宅や南欧住宅など、雰囲気の良い家は、まさに開放感いっぱいの設計になっていることが多いです。もちろん寒い地方では開放感を出し過ぎると、暖房が効きづらいというデメリットもないわけではなく、いろいろな部分を総合的に判断する必要があります。とはいえ、春から秋までの季節を気持ちよく過ごすために、開放感のある家づくりにし、冬の時期は暖房器具を充実させることで、それに対処できるかもしれません。