注文住宅で作る自分らしい家

新築住宅を7年ほど前に建てましたが、予算があまりなかったこともあって優先順位をつけて極限まで無駄をカットし、それなりにこだわりを盛り込んだ家を作りました。すべてを削ったローコストでは味気ないので、こだわったのは一階部分は廊下を含めてすべて無垢材の床を貼ってもらいました。一階リビングと玄関は珪藻土の塗り壁にしてもらって、天井は高めにしてもらったのでかなり開放感があります。あと、玄関からリビングの間仕切りをガラスにしてオーダーのドアにしてもらったおかげでかなりぬくもりのある建売には出せない風合いになりました。コストをカットする部分は水回りで、ここはこだわりたかったのですがきりがないので安いものを入れました。でも、使ってみて思うのはローンですしあんまり高いものを入れてもどうせ途中でリフォームや修理が必要になるので、ベーシックなものにしましたが月々ローンを金利もプラスして支払うのですから、これで正解だったとおもいます。洗面台なども造作にしようと思ったのですがここは我慢してセール品を入れてもらいました。キッチンやリビングは大工さんに造作でカウンターを作ってもらったので、ちょっとしたこだわりが感じられる家になりました。注文住宅の良さは、こうした融通が利くことだと思いますし、節約も可能です。